• HOME
  • 封筒
  • DM
  • 名刺
  • 大兼印刷ならこうします!
  • 売上げ支援
  • 会社案内
  • お問い合わせ

色のユニバーサルデザイン

ご存知ですか、 色のユニバーサルデザイン

HOME > 色のユニバーサルデザイン

ご存知ですか、色のユニバーサルデザイン

障がい者・高齢者などの弱者だけでなく、 社会で暮らす人々にとって、よりよい社会が実現することを目指します。

色覚障がいとは?
足の不自由な方には、車椅子があります。耳の不自由な方には補聴器があります。しかし、色覚障がいの方(色弱・色盲の方)には、補助する道具やそれを補正するメガネがありません。また、生まれつきの色覚障がいは遺伝によるもので、治す方法もありません。色覚障がいの方は、日本人男性の約20人に1人、女性は500人に1人とも言われており、総数では約320万人にもなり、身体障がい者の方とほぼ同数と言われています。この方たちに少しでも、不自由を感じない配色やデザインを提供することにより、正確な情報を伝えることが可能になります。 色の識別に不自由さを感じておられるのは、色覚障がいの方だけではありません。加齢による白内障や緑内障などにより、目のかすみや視力低下など、日常生活で不便を感じておられるお年寄りの方もたくさんおられます。ユニバーサルデザインは、お年寄りにも優しいデザインです。
色覚障がいでの見え方
色覚障がい者にどのように見えるか
色覚障がいの方の多くは「赤と緑」の識別が苦手です。右の写真は小学生が使う「算数セットの色板とおはじき」です。このような色の見え方をしているのに「赤だけを集めて下さい。」と先生に言われて困っている子供がいるはずです。「色名で事物を指示され、集める色を間違え、クラスメイトに笑われ算数が嫌いになる。」そんな可能性もあるはずです。見直さなければならないものが沢山ありそうです。
色覚障がいでの見え方
不自由な場面(例)淡い色同士の識別
近ごろ室内環境の調和のために、案内表示に淡い色が好まれて使用されます。しかし、淡い色は彩度が低くなっているために、濃い色に比べ識別がより困難になります。色覚障がいの方は「赤と緑の識別が困難である。」ことはよく知られていますが、「水色とピンク」も識別が困難です。そのためトイレ案内表示の「男性が水色」、「女性がピンク」の色分けは非常に問題です。男性と女性のデザインが異なっているので「問題なし」と思われがちですが、色覚障がいの方にも近視や乱視の人がいますので注意が必要です。
色覚障がいでの見え方
だから私たちは考えています!メディア・ユニバーサルデザイン。
ユニバーサルデザインとは、年齢や身体能力に関わりなく、すべての人々に適合するデザインで、バリアフリーと同様に大切な考え方です。今、私たちのまわりでも住まいはもちろん、家電製品、日用品、ファッションまで幅広く広がっています。
その中でも私たちが提案しているのがカラーユニバーサルデザイン(メディア・ユニバーサルデザイン)です。色の識別に不自由な方にも、加齢による色の認識能力の低下が進んだ方たちにも見やすく、どなたにでもわかりやすい表示を心がけています。例えば…
  1. 色の分類だけの表示に、色名も合わせ文字の表記もする。
  2. 紛らわしい色同士を使用せず、認識しやすい色の組み合わせをする。
  3. 線や点などで判読を容易にする。
  4. 背景の色と文字色を考慮する。
  5. グラフ表示などには引出線を用いる。
1.色の分類だけの表示に、色名もあわせ文字の表記もする。2.認識しやすい
色の組み合わせで配色する。3.色分けに形や線種の変化で
判読を容易にする。4.背景の色と文字色を考慮する。5.グラフ表示などには凡例を直接
表記するか引出線を用いる。
そのサインやホームページは正確に伝わっていますか?
今までのデザインでは、色覚障がいの方にはこのようにしか伝わっていませんでした。現在のサイン・案内板・看板・ホームページ・カタログ・ポスターなどは、色覚障がいの方には正しく伝わっていません。少しの工夫で見やすくなります。
見やすく、読みやすく! 文字に白フチをつけるだけでこんない読みやすくなります。

カラーユニバーサルデザイン(メディア・ユニバーサルデザイン)で注意しなければならないのは、色覚障がいの方は、男性では約20人に1人の割合ですから、20人中19人は通常の識別ができますので、逆効果にならない配慮が大切です。不特定多数の人が利用する施設は、カラーユニバーサルデザイン(メディア・ユニバーサルデザイン)の導入が急がれます。道路標識、電車路線図、病院内の案内表示、劇場やホールの案内表示。そして、もちろん各種印刷物も十分な考慮が必要です。

従来の路線図

線路図の説明

(左図)従来の路線図の多くはこのような表現ですが、これを一部の色覚障がいの方が見ると(右図)のように各路線のあいまいな部分が多くなり、その識別が困難になります。
ユニバーサルデザイン路線図

線路図の説明

(左図)カラーユニバーサルデザイン(メディア・ユニバーサルデザイン)を考えた路線図。
色覚障がいの方には、左の図が(右図)のように見えています。
色の識別が困難でも文字で識別でき、色の重なりも避けているため、各路線の違いがわかります。
売上げ支援
前のページに戻る